わかってるのにできないもどかしさ

わかってる。

自分の思うようにはならない。

できない。

自分が思うようにできない。

もどかしい。

わかってるのに、できない、それがもどかしい。

思いきってみた

クリスマスの朝、お友達たちへメリークリスマスってメッセージを送っていました。

元気にしている?

変わりはない?

よいクリスマスを過ごしてね!

それでふと思ったの。

「ワタシがこれを一番送りたい人は誰?」

当然、それは忘れられない彼な訳で・・・

送ったっていいじゃない、自分が送りたいんだから・・・

送りましたよ。衝動的に。

がっくりきた

送ってしまうと、やっぱり気になっちゃう。

既読になったか、返事は来るか、そしてクリスマスはどうやって過ごしているのか・・・

返事がすぐにない時点で、また死にたくなるし、送ったことを後悔する。

夜になって返事が来た。

あまりに軽い調子なことにがっくり来た。

私は人生をかけてあなたを選んで、愛した、今でも愛してるのに、彼はそうではない事実。

そうだよ、彼は自分しか愛せないんだよ。

自分だけが大事なんだよ。

知ってた、イヤというほど知ってたのに、またがっくり来てしばし動けなくなる。

じゃあ、どうする?

ある意味よかったとも思った。

こっちは死ぬ思いで、毎日をやり過ごし、やっと3ヵ月経った。

それなのに、彼のこの調子・・・

自分がバカすぎる・・・

どれだけ愛したって、愛されたって、関係は変わる。

ずっと同じものなんてない。

情熱的な愛から穏やかな愛へ。

穏やかな愛を必要としなければ、次の恋へ。

ワタシはどうしたらいいんだろう。

いつまでも立ち止まったままで泣く?

時々思い出して、やりきれなくなって泣く?

毎日を全力で走って景色を変える?

答えは今日も見つからない。

それでも学んだこと、楽しかったこと、自分ができたことに目を向けていこう。

”一度はできたんだから、きっとまたできる”

タイトルとURLをコピーしました